治験モニターに参加しよう

治験は無くてはならない

治験モニターに参加しよう

人々の役に立つ

これまでに薬を飲んだことが一度もない、という人はなかなかいないと思います。
さまざまなシーンで私達を助けてくれる「薬」。これらは、厚生労働省が認めたものだけが販売されていて、病院での処方や市販に至るまでには、長い時間をかけてその効果や安全性などのチェックが行われています。

まずは動物などを使った実験があり、その後、人にも効果があるのかどうかや、どういった利用をするのが最適なのかなどを確かめるために、健康な人や、実際の患者さん達の協力のもと、調査が行われています。
薬の発売の前に、安全性や用法、用量、有効性などを調べる試験を「治験」と呼びます。治験の参加者は一般の方々からも募集されていて、簡単なものから数ヶ月に渡るものまで内容も様々あり、それぞれの治験ごとに条件に当てはまれば、誰でも協力することができます。
また、治験に協力すれば、試験終了後には謝礼も支払われます。
現在新しい薬を待っている人々の役に立ちたいという思いや、また、自分自身にも新たな効果があるかも知れないということから、治験に参加するという方が多いようです。

新たな薬の開発の一端をあなたも担って見ませんか?治験について詳しい情報や、実際の内容例などをご紹介します。

what's new

2013/03/04
ジェネリックを更新。
2013/03/04
費用と報酬を更新。
2013/03/04
参加の流れを更新。
2013/03/04
安全かつ慎重にを更新。
2013/03/04
トップページを更新。